FC2ブログ

方位鑑定の例

ブログ
<方位鑑定の例>
私は方位鑑定に際して、九星気学の占法で診断しています。
 それでは平成31年(2月4日~来年2月3日)を例にして実際に診断してみましょう。
 平成31年の方位鑑定に使用する九星気学の年盤は上記の様になります

 更に、具体的な例として二黒土星の人を例としてみますと、二黒土星の人にとって平成31年に移動が吉となる方位は東(六白金星)、および北西(九紫火星)の2方位となり、その他の方位は凶になります、特に南西(五黄殺)・北東(暗剣殺)の方位は大凶になります。
 又、それらの方位へ移動した場合に暗示される事柄は以下の様になります。

二黒土星の人が平成31年に東に移動する場合に暗示される良い効果
・目上、権力者、金力者との縁が出てきて仕事や生活が充実してくる
・物事の完成のため一生懸命努力する
・事業の拡張が望める
・健康面については、腫れやムクミの病、便秘、心臓病、高/低血圧等の病が快方に向う

二黒土星の人が平成31年に北西に移動する場合に暗示される良い効果
・名誉、名声を得る
・物事が明らかになる
・争い事、裁判などの有利な解決
・悪人から離れられる
・健康面においては精神分裂、乳の病、血液不全、頭痛、火傷、脳充血、脳溢血の障害等の病が快方に向う

二黒土星の人が平成31年に南西に移動する場合に暗示される悪い効果          
・自動的に凶災を招きやすい
・過去の古い事件が再発する
・変動を起こしたくなり、変化変動を起こせば起こすほど強力な悪化作用が働き、災難・破壊・滅亡を招く
・不安定な精神状態に陥り易くなる
・五黄殺には物事が腐敗する象意があるため、何がおきても不思議としないほど良くないことが起きる
・健康面においては、癌に注意

二黒土星の人が平成31年に北東に移動する場合に暗示される悪い効果
・怠けぐせがつく、不真面目になる、学生の場合登校拒否の問題が起きる
・仕事で問題が起きる、失業する
・家庭が不和になる
・兄弟・親戚と不和になる、友人と不和になる
・健康面については、胃の病や障害、消化不良、慢性下痢、カッケ、夜泣き、健忘症等の病等が起き易くなる


 次に一白水星の人を例としてみますと、一白水星の人にとって平成31年に移動が吉となる方位は南(三碧木星)・北(四緑木製)の2方位となり、その他の方位は凶になります、特に南西(五黄殺)・北東(暗剣殺)の方位は大凶になります、又、それらの方位へ移動した場合に暗示される事柄は以下の様になります。

 一白水星の人が平成31年に南へ移動する場合に暗示される良い効果
・ 新規事を始める。
・ 研究・開発・発明・発見をする。
・ やる気が出てくる。
・ 養子の縁がある。
・ 健康面については、神経痛、リウマチ、声帯の障害、胃液過多、カッケ、
ドモリ、咽喉障害病等の病が快方に向う

 一白水星の人が平成31年に北へ移動する場合に暗示される良い効果
・社会的に信用がつき交際も広くなる
・遠方との取り引き、新規の取り引きが開かれる
・事業が発展する
・縁談が進行する
・健康面については、風邪を引き易い体質、内臓疾患、気管支障害、腸の病、ワキガ等の病が快方に向う

  一白水星の人が平成31年に南西及び北東へ移動する場合に暗示される悪い効果は二黒土星の項で述べましたことと同じです。

 ※例題は二黒土星の方及び一白水星の方について説明していますので、この項の説明は二黒土星の方及び一白水星以外の方には、あてはまりませんのでご注意下さい。

 ※九星気学では、東・西・南・北の各範囲は30度、東南・西南・北東・北西の各範囲は
  60度としています。
 
 ※方位盤は上が南、下が北を示しますのでご注意下さい。
 
 以上暗示された事柄の全てが起きるということではありませんが、悪い事はできれば起きて欲しくありません、そこで、実際に引越しの日取りを決める場合は、年盤の他に月盤、日盤までも吉となる日にちを選んでアドバイスします。
 又、どうしても平成31年に悪い方位へ引越ししなければならない場合は、一度違う方位へ泊まってから目的地へ入る方法をアドバイスします。
 更に、過去に悪い方位へ移動されている方で引越しの予定の無い方には、運勢を向上させる方法として、お水取りをお勧めします。


クリックしていただけると励みになります

人気ブログランキングへ
11:15  |  方位鑑定の例  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://besthoosuikasou.blog130.fc2.com/tb.php/84-9dee4969

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |